木の飾り

小桜クマネコ。大食いの女の子のイラストを描く

木の飾り
手塩にかけた娘はどこで読めるのか解説 >> 小桜クマネコ。大食いの女の子のイラストを描く
木の飾り

小桜クマネコ。大食いの女の子のイラストを描く

小桜クマネコ。大食いの女の子のイラストを描くのが特徴。
小食を装ったOLを愛している。


チンジャオガールとの共作ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましてに登場した女の子はガリガリだったが、徐々に太っていき、最終的にぼっちゃりを通り越したデブになった。



いじめっこ女子と無人島に漂流したらではむっちり系JKだった。3月にチンジャオガールの同人誌『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』がブックライブコミックでリリースされる。


手塩とは少しの塩という意味。汚いものを祓うために供えられていたものだが、好みに合わせて料理の塩を調節するためにも使われた。



そこから派生して自分で育てることを手塩にかけるというようになった。サキュバスよんだらを読むならbookliveコミック(旧ハンディコミック)がお得。先行で読めるから。


さらにブックライブコミックでは月額コースが初月無料に。エンガワとチンジャオのエロ同人サキュバス呼んだら母が来た!? 発売は来年予定!3か月間オナニーを禁止したらとある呪文を唱えればサキュバスが召喚できる。


ということを分かったタカシは頑張ってオナニーを我慢。


呼んだサキュバスは母親だった。
同人とは明治時代の頃、同じ志を持った仲間同士が集まって、同人雑誌というものを作っていた。


同人=エロという意味はない。どうして同人=エッチなイメージがあるかというと同人の中でエロが爆発的に人気があるからです。
月に1冊の作品を出して五百部以上購入者がいたら食うには困らないレベルのようです。サキュバス呼んだら母が来たに出てくるキャラクターを紹介。タカシ男子高校生でまだセックスしたことがない。

母の裸体を見たらビンビンのチンコを萎える。

森田惠利、タカシの母。
普段は髪がボサボサで魅力なし。エリリン、森田タカシが呼んだサキュバス。その正体は森田タカシの母の森田惠利。

サキュバスとはsexを通じて男を誘うために女性の形で夢の中に現れる民間伝承における空想の存在。

女淫魔とも呼ばれる。行き遅れババア孕ませたの原作チンジャオ娘は作品が配信されると1万本以上は売れる大人気同人サークルである。
同人誌のイラストを担当してる人は達磨さん転んだ。

チンジャオ娘の作品がこんなにも注目されるかというとどこにでもいそうな女の子がエッチな出来事に遭遇し、エッチの気持ち良さに溺れていく王道的なストーリーが特徴的だからです。「美人面犬の飼い方」などの同人ではホラー要素も入っていることがあります。エンガワ卓はサキュバス呼んだら母が来たの絵を担当。



エンガワの絵の特徴はムチムチしてボインな女の子。

サキュバス喚んだらに現れる母も巨乳でムチムチ。
チンジャオガールとの共同作品は姉はヤンママ授乳中in熱海がある。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 手塩にかけた娘はどこで読めるのか解説 All rights reserved.
木の飾り